人材育成・教育研修についてラポールからの提案です。

人材育成の目的は、組織の成長を支える人材づくりです。当社のからの提案は、人材づくりのために「気づき→学びと習得→行動の変化→結果の向上→次の気づき→…」に繋げる研修の仕組みです。
研修を成功の循環のスタートにするため、企業様の個々の状況や要望に合った研修とその活用を、参加者のみにとどまらず、ご提供致します。

 

 

学び習得を行動の変化に繋げる研修サイクル

 

組織の中では各階層ごとに求められる役割は変わってきます。社員の成長を促し、成長に合わせた研修サイクルをご用意いたします。

詳細はこちら

 

安心・安全のための組織基盤づくりのサポート

 

社員の方々が安心して働け、組織が安全な企業活動ができるように、基盤となる制度や規程づくりをサポートします。

詳細はこちら

 

学び習得を行動の変化に繋げる研修サイクル

組織の成長のために想像できる未来の姿を今に向けて提示します。その姿を達成するには、何が必要なのかどんな課題があるのか、「気づいて、考えて、準備する」ことで今を高め、成長の循環づくりにつなげます。

 

イノベーション研修

 

今の延長線上での考え方から離れ、少し先の自分たちを描いてみる。その中で方法や施策を考え、新たな価値を生み出す発想を行う。

 

対話づくり研修

 

組織の中にあるジレンマとその中にある組織の課題を発見し、どう向き合っていくのか、対応策を対話によって考える。

 

シミュレーション研修

 

今後体験することが想像できる課題に対して、課題解決の知識を学び、これまでの自身の経験と掛け合わせ、どう対応するかを体験する。

 

事例:新入社員研修

目    的

 

・自己効力感・自己有用感を持って将来を創造する。

・そのために自分自身の達成目標を定め、ルートを探る。

・その上で自分たちが乗り越えるハードルへの備えをする。

 

ステップ

 

・15年後の自分に向けて、具体的なイメージを作る。

・そのイメージを達成するに、何をする(タスク)のか、何を知る(情報)のか。

・最後までやり抜くために、自分に対するキーワードを作る。

・これから15年後までに体験するであろうハードルを考え、備える。

 

特    長

 

・活動と対話を中心としたワークショップ型。

・「わかる・できる」学習から互いに協力し、知恵と行動を「わかち合う」。

・未来の創造、自分への問いかけ、備えについて共有する。

・フォローアップや内省に向け、可視化できるレポートを各自で作成する。

 

安心・安全のための組織基盤づくりのサポート

組織基盤となる制度や規程は、関連する法や条例を遵守し、行き過ぎた解釈によって企業にとって過度の負担とならないように制度設計を行います。

運用する社員の方々がしっかり理解でき、日頃の業務の一環として実施やすい仕組み作りをサポートします。

 

客員講師紹介